マリ ここは音楽の国。 Amadou & Mariam

  • 2011/06/05(日) 07:05:01

西アフリカの中でも、文化、音楽的にも異彩を放っているのがマリ共和国。

少しずつ小出しにしていきます~。

まず 盲目デュオの Amadou & Mariam


http://www.amadou-mariam.com/

マリ南部のシカッソ出身の彼ら。
80年代~90年代ではマリのブルースをプレイしていたが、
マリの伝統的な音楽にロックギター、シリアのヴァイオリン、キューバのトランペット、エジプトのネイ、インドのタブラ、そしてマリのドゴン族のパーカッションを織り交ぜた独自のスタイル「アフロブルース」を確立。

世界中の癖のある楽器をごちゃ混ぜにしながらも、ポップに仕上げた感じは、そう あのManu chaoにも通じるものが。
そしてManu chao からの逆オファーを受け共演。 世界中でもヒットした。


henrik schwarzのリミックスも面白い。


そんな彼らは U2のアフリカツアーのサポートやフェスティバルに引っ張りだこ。

マリのニジェール川のほとりの町セグーで毎年行われている
http://www.festivalsegou.org/
にも出演している。

 (そのセグーでのニジェール川に落ちる夕日。 夕日タイムには人々が川で洗濯したり、お風呂代わりに身体を洗ったり、釣りしたりしていた。)

盲目とか、第3者は勝手にハンディーキャップと考えてしまうのが、馬鹿馬鹿しいほど、素晴らしい音楽。

音を存分に楽しんでいる彼らの姿勢は、力強い。

Dimanche a BamakoDimanche a Bamako
(2005/08/02)
Amadou & Mariam

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

コメント:投稿

管理者にだけ表示を許可する