ヒッチハイクでサハラ越えの出会い

  • 2011/06/02(木) 02:09:34

アフリカの旅 いや はたまた 世界中の旅路の中で ロマン溢れるのが 「サハラ砂漠越え」

中学生の頃 漠然と見ていたパリダカールラリーのテレビ中継では、数多くのラリーカーやバイクが砂丘に埋もれていった。

今回、モロッコより西サハラを通りモーリタニアへ南下するにあたり、通らなくてはならないのが「サハラ砂漠」。

しかもこの「サハラ越え」のルートには公共交通機関が存在しないため、ヒッチハイクでの「サハラ越え」となる。

モロッコ最南端の西サハラ領土の町ダフラは、旅人が中古車を売りに行くヨーロピアン、特にフランス人の車を探すことで有名な町でもあり、アフリカを旅するオーバーランダーが集まる有名なキャンプ場が↓だ。



ここで出会ったのはフランス人3人組。ちょいと年配の彼らのリーダーは毎年アフリカに来ていて、セネガルに家を持ち、セネガル人ミュージシャンをフランスに連れいっているマネージャーだった。

アフリカ通の彼は、別れ際にセネガルのアーチストの連絡先を渡してくれた。彼曰く「10年来の友人で家族なんだ。セネガルの音楽を楽しんでね」と。

そしてモーリタニアを抜け、そのミュージシャンのいるセネガルのサンルイへ向かった。

彼らのバンド名は「lampfall du senegal」セネガルの灯といったところか。

そんな彼らの家にホームステイさせてもらった。
家族全員で一つのお皿で食事をし、みんなで寝る。
「これがアフリカの平和だよ。その中で創造するんだよ」と。



ブラックアフリカ初日から、素晴らしいアーチストの家にホームステイさせてもらった。 アフリカの懐の深さを垣間見る。


Senegal Urban RhythmsSenegal Urban Rhythms
(2013/06/25)
Sagar N\'Gom

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

コメント:投稿

管理者にだけ表示を許可する