アフリカの息吹

  • 2015/11/21(土) 19:18:34

レコード屋のジャズフロアで働いていた大学生時代。ジャズのCDを片っ端から聴いていたときになけなしのバイト代から、買ったCDがある。

ジャズの名門レーベルの一つECMからリリースしている「ダラーブランド・アフリカンピアノ」だ。


ピアノソロアルバム。ミニマルなリズムを奏でる左手に、呼応しているようで全く違う次元にアプローチしていく右手。
そしてなんといってもアフリカの広大な台地を髣髴させる力強さと包容力。
この一枚はかなり聞いた。効いた。聴いた。

今はダラーブランドではなくABUDULLAH IBRAHIM名義で作品を出しているが、先月京都の上賀茂神社でのライブに行くことが出来た。

神社の一角に和室には200枚近くの座布団、そして真ん中にはSteinwayのグランドピアノ。
ダラーブランドいやABUDULLAH IBRAHIMの演奏は最初に聞いたアフリカンピアノから脈々と続いている
力強いリズム、美しいメロディ。そして全体に流れる瞑想的アプローチは場所が京都だからそう感じるのか。

いいものはいいのである。
そしてダラーブランド 81歳!

情熱は人を感動させる。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

コメント:投稿

管理者にだけ表示を許可する