フリーであるということ 郡上八幡音楽祭2015

  • 2015/08/05(水) 23:25:48

7月20日のこと。 日本が誇るお祭り 郡上祭りのある 郡上八幡で 音楽祭があった。
1017445_524061301075241_493635191711737655_n.jpg

郡上八幡に居を構えた 土取利行氏を中心に集まった二人のジャズアーチストとのトリオ演奏。
しかも フリージャズという試みだ。

会場は郡上文化センター。一地方都市でフリージャズ。正直 集客の心配をお節介ながらしていたが、
フタをあけるとびっくり 660名のジャズ好き、音楽好き、郡上の地元の方々と老若男女の集まり。

そして「超フリージャズ」と謳ったトリオの演奏、土取氏の和太鼓からアフリカの木琴まで幅広い楽器・パーカッションを駆使しながら、ドラムでは安定感抜群のグルーブを奏で、ウイリアムパーカーの終始ずっしりとしたベースが達観を感じせ、エヴァンパーカーの自由なサックス演奏が、空を舞う。

ジャズ自体が、形式化され、本来のインプロバイゼーションを通してのコミュニケーションを忘れているなか、
フリージャズをカテゴライズされる3人のプレイは、フリージャズというくくりではなく、本来の「ジャズ」をしていた。


これほど芯のしっかりとした音楽祭は圧巻でした。来年も楽しみな音楽祭。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

コメント:投稿

管理者にだけ表示を許可する