芸術的な夜 

  • 2014/12/06(土) 00:15:42

旅中に常に強烈な刺激を与えてくれる街 「モロッコ エッサウィラ」 

エッサウィラ~ペルー~名古屋と繋がる夜となりました。世界をぐるりと回ったあとに、出会った旅する音楽家ky
http://kyweb.fr/

彼らのジャパンツアー最終日は名古屋。

ギャラリーで行われたライブは、映像とともに、マキさんがサックスやモロッコの楽器、ヤンさんがウードやギターを奏で、
白いギャラリーに、まるでキャンバスに色彩を織り交ぜるかのような、インプロを展開する濃厚かつ芳醇なセッション。

ウイグルを撮り続けている写真家とのコラボレーションでは、ムスリム色の強いウイグルだけに、モロッコからトルコ、シルクロードを経て、ウイグルまで続く大地を髣髴させ、スーフィー神秘主義の面影を匂わせる。

かたやサティの楽曲を大胆にアレンジし、再構築していく様は、音楽家でもあり、芸術家。
進化し続けるはずのジャズの精神を垣間見る。

日本ツアー最終日には、怒涛のツアー後で疲れているはずではあるが、そんなことを感じさせないステージは、
プロの一言だろう。

素敵な夜をありがとうございました。 

Piano WorksPiano Works
(2012/09/03)
E. Satie

商品詳細を見る


スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

コメント:投稿

管理者にだけ表示を許可する