7年に渡る世界音紀行を終えたDJが送る世界音楽の至福のひととき

7年の世界一周を終え、ダンスミュージックDJ JET STREAMが送る音の旅ブログ。

アンダーグラウンド コロンビア

コロンビアのイメージと言えば、やはりコカイン、そして最近だとシャキーラを代表とするコロンビアーナ達。
ここ数年で都市部の治安は大分よくなり、南米の中でもブエノスアイレス、リオなどにも匹敵するほどの文化圏を形成している首都ボコタ。800万人を擁するボゴタは、南米の首都ならではの貧富の差はあるが、数多くの美術館、ギャラリー、劇場、ライブハウス、ナイトクラブなどが乱立している。そして数多くの若者が、週末になると夜な夜な繰り出している非常にアクティブな首都だ。

ボゴタ到着の初夜は金曜日。カンデラリアというボゴタの中心地かつ旧市街の中にあるロックバーに入ると、さわやか青年から、鋲のついた革ジャンを着込んだロッケンローラー、ドレッドロックスまで幅広い客層が往年のロックに揺れ、2000ペソのビールの瓶を机に並べまくる。

ビジネス街の一角にあるビルの4階と5階を使ったクラブでは、アシッドテクノを流し、窓からはボゴタの高層ビルが眺められる。ボゴタの主流のダンスミュージックはアシッドテクノ。

とはいっても街中に張られているフライヤーはTIGAやELLEN ALLIEN、DUBIFIRE、GUI BORATTOなどエレクトロ勢が大挙押し寄せているも、町中で聞こえてくるのはロックが多い。学生街になると、そこらじゅうでロック。
しかも80年代のDEF LEPARD、AEROSMITH,SCORPIONSなどなど。

その一方、サルサやクンビアなどのラテン音楽も盛んだが、ボゴタではまだそれほど多く聞こえてこないのは、ボゴタ自体にはあまりインディヘナや黒人が少なく、メスティソ(混血)や白人が多く住む街なのでヨーロッパなどの影響が多くあるためなのか。。。。

さてそんな雑記的にボゴタの印象を書いてみたが、ここコロンビアでもいろいろな新しい音楽への追求が進んでおり、オルタナティブなアーチストをいくつか見ることが出来た。

まずはエコ・ヨガフェスティバルに出演していたCONHECTOR




ディジュ、タブラ、打ち込みを主流に、ありとあらゆる楽器を操り、アンビエントからワールドミュージック、ポップスと縦横無尽にボーダレスに演奏し、ステージのパフォーマンスもユニークで子供から大人まで巻き込んだライブを展開していた。エレクトロニカを使用し、民族的、儀式的なアプローチをするパフォーマンスは、これからのポテンシャルを感じた。

そしてもう一つ。
MUCHO INDIO

たまたま入ったカフェで演奏していたおじさんがバンドメンバーだった。
200ほどいるといわれているコロンビアの民族のトラディショナル音楽を現代版にアレンジする試みが嬉しいアーチスト。
グローバリゼーションという現代社会の中に埋もれつつある、個々の民族のアイデンティティーを守ろうとする意欲が素晴らしい。


Sale El SolSale El Sol
(2010/10/19)
Shakira

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Utovia festival in Colombia

う~ん 非常に濃いぞ。南米ライフ。 南米に到着し早3週間が経とうとしています。
コロンビアの首都ボゴタでは、アーチスト集団のコミュニティーに滞在し、先週末彼らがオーガナイズするフェスティバルに参加してきました。オーガナイザーの一人ピーターは、4年ほどヨーロッパのフェスティバルをパフォーマーとして周り、今はコロンビアに戻り、自国でのアート活動を開始し、それの一つの表現としてのフェスティバルが今回のUTOVIA

首都ボゴタを車で2~3時間ほど離れた農家フィンカで、3日間に渡って行われた今回で3回目となるUTOVIAフェスティバルはライブ・DJ・チャンティングを含めた音楽ステージ、ピエロに扮したパフォーマンスやポイ・ジャグリングのカテゴリーを超越した肉体パフォーマンスの数々、巨大シャボン玉やヨガなどのワークショップ、マヤのテマスカル(サウナ)、極めつけはオーガナイザーのゴアトランスの歴史の解説(笑)など、まったく飽きさせない内容。
R0049921

気になるDJ陣は、次から次へと個性的なキャラクターを打ち出すDJばかりで音的にも、ルックス的にもパフォーマンス性はバッチリ。ただコロンビア人、フロアーで踊りません。(笑)大きな自然の前に抱かれ、山ばかりみてました(笑)
R0049982

そんなゆるゆるな雰囲気の中、最終日の日曜日の朝7時からメインステージでのDJと、マッサージセラピストとして参加。たっぷりとコロンビア人と遊ぶ事が出来たのが何よりでした。

Phoenix Rising LPPhoenix Rising LP
(2013/09/18)
ROVO and SYSTEM 7

商品詳細を見る

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

JET STREAM 
 ダンスミュージックDJとして、日本・ベルギー・香港などのクラブやライブハウス、フェスティバル、2005年の愛知万博やラジオでの出演し、 2007年より7年、50カ国以上の国々を訪問。チベット・ラサ、香港、マレーシア、タイ、インド、ネパール、ラオス、イスラエル、ギリシャ、 コロンビア、ペルーにてプレイ。
ペルーの首都リマにて2年暮らしラテンのリズムを沁みこませて、帰国。逗子在住。
現在はDJだけではなく、世界中の音楽のリズム・メロディー・グルーブを取り入れたアルバム「ONE EARTH」をリリースし、 今年公開予定となる南米のドキュメンタリー映画「Notas de Viaje ~por latina america/邦題 聾者の僕の南米見聞録」にも楽曲提供を行う。
Mixcloudでは2018年の新作が「ワールドミュージック」部門が全世界20位、「チルアウト」部門が全世界で23位と好評中。
オリジナルアルバムは↓にて絶賛発売中です。 ダウンロードは↓からどうぞ。

djjetstream

Author:djjetstream
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

Musica!!!

フリーエリア

スポンサードリンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
DJ (67)
音楽事情 (22)
レコード屋 (2)
laidback (6)
日本 (23)
中国 (5)
チベット (3)
香港 (1)
モンゴル (1)
ラオス (2)
カンボジア (1)
マレーシア (1)
タイ (1)
インド (12)
nepal (5)
パキスタン (3)
イスラエル (2)
シリア (2)
ブルガリア (2)
バルカン (2)
ギリシャ (3)
スイス (1)
フランス (1)
スペイン (3)
ポルトガル (1)
モロッコ (4)
モーリタニア (2)
アルジェリア (1)
セネガル (2)
ブルキナファソ (5)
マリ (2)
コートジボワール (1)
ウガンダ (1)
ガーナ (1)
エジプト (3)
メキシコ (5)
グアテマラ (1)
キューバ (7)
コロンビア (6)
ペルー (34)
ボリビア (1)
チリ (4)
アルゼンチン (3)
ブラジル (11)