パキスタン 北部エリアのお祭り。

  • 2008/08/30(土) 22:05:32




世間でのニュースを騒がせるパキスタン。
北部のフンザエリアはびっくりするくらい人がよい。ヒッチハイクなんかした日には何台も車が止まってくれる始末。

そんな素敵なパキスタンの北部にてシルクロードではなくシルクルートフェスティバルがグルミット村にて開催。
会場は旅人憧れのカラコラムハイウェイから山道をジープで登ったグルキン村。
すでに会場は人だかりだったのだが、イスラム圏のため全員男性の異様な雰囲気。




男性ばかりで、酒も飲まない彼らだが、演奏が始まると踊るわ、はしゃぐわ、えらい騒ぎ。
次から次へと、歌い手が入れ替わり立ち代る。バックにはハルモニウムとフルートと
太鼓の3人編成で、どんな歌にも伴奏をあわせていく。






会場も盛り上がったところで行われたのは、なんと 漫才ならぬ コント。
残念ながら言葉の関係で、内容はわからなかったが、世界どこでも音楽と笑いは共通なんだと改めて感じた夜でした

そしてパーティーは夜明まで続いたとさ。。。。


カラコルム山地の音楽


スポンサーサイト

皆既日食 in モンゴル

  • 2008/08/01(金) 14:39:57

2008年8月1日 19時未明(ウランバートル時間)

ゴビ砂漠の中のさらに奥地 国連から厳重に保護されているstrickted proteceted area 通称 gobi A の 高台にて。




99年のハンガリー以来の2度目の日食。
今回の日食ラインは国境と近いこともあり、中心線までのアプローチが非常に困難だたため、トータル時の時間が1分もなかったが、その時間の短さが余計に地球上の変化を感じさせてくれた。 

ダイアモンドリングになる前の360度全体が夕暮れのような色彩、トータル時の星空。
その後の急激な温度変化に伴う(?)強風。 砂漠ならではのドラマチックな展開にただひたすら感激。




機会があるかたはぜひ体験してほしい。来年はどこぞや?


2週間にわたる日食サバイバルツアークルーとともに。





音の世界遺産 モンゴルのホーミー~超絶の声